2017年12月28日

12/28 津和野諒の『サシでもいいですか?』#62

【津和野諒の『サシでもいいですか?』#62 サシじゃなくてもいいですか? 箱根旅情編(中編)】

●毎回ゲストを一人お招きし、むやみやたらに喋りあう対談風ダラダララジオなのですが、
 遅ればせながら#50到達記念の特別企画ということで、旅の友と共に三人で湯の町・箱根へ。
 いつも通り酒飲みながら肴つまみながら、いつも以上にダラダラと喋りあっております。
 今回は撮影環境の都合上、常に沸騰音がしております、ご了承ください。

●今回の旅の友:伊藤圭太、山田健太郎(やまだのむら)

●今回の旅の思い出:
はつ花 本店
IMG_2466.JPG
箱根湯本駅からほど近く、川沿いに建つお蕎麦屋さんです。
水を一切使わずに蕎麦粉・自然薯・卵だけで打った麺が特徴で、
美味しい上にヘルシーなため女性や伊藤さんにもオススメです。
定休日が異なる新館も近くにあるので日程に応じてそちらもご利用ください。
本店・新館ともに人気店なので平日でも多少待つ必要があると思います。

・貞女そば
IMG_2467.JPG
自然薯と卵で仕上げた蕎麦に自然薯と卵を入れちまうというスーパーメニュー。
もちろん相性は抜群で、ピンと締まった蕎麦となめらかな山かけ・卵のハーモニー、
そして海苔の豊かな風味、わさびのアクセントが最後の一口まで舌を飽きさせません。

・自然薯の味噌漬け、そば味噌、むかご
IMG_2468.JPGIMG_2469.JPGIMG_2470.JPG
日本酒はもちろんビールにも合うおつまみたち。
そば味噌はご覧の通り、食いかけです(シャッターまで我慢できなかった)。

○塩辛コロッケ(みのや吉兵衛)& 地ビールの生(手焼堂
IMG_2471.JPG
テイクアウトシステムによって実現された、ビール好きには堪らないこの組み合わせ。
B'zの「SUPER LOVE SONG」の元ネタ説が唱えられるほどに相乗効果でヨクなっている。
我々は翌日も両店舗を訪ね、同じ組み合わせに再び絶頂しました。

なお、みのや吉兵衛さんはかまぼこ屋で、手焼堂さんはせんべい屋です。
どちらもお土産にもってこいの品揃えですので、ぜひ足を運んでみてください。
※地ビールの銘柄は失念しました。現地でチェック!

○ソフトクリーム(福久や
IMG_2472.JPG
アラサーの男が雁首揃えてヘラヘラしながらソフトクリームペロペロしたっていいんです。
そう、旅はいつだって僕たちをあの頃の少年にする。

天山湯治郷
IMG_2474.JPG
IMG_2478.JPGIMG_2473.JPG
箱根の峠道(もちろん舗装路)をしばらく上った先にある、すべて露天の日帰り温泉です。
僕たちはより気持ちよく入るために歩いていきましたが、
箱根湯本駅前のロータリーから送迎バス(100円)も出ています。
朝の9時から夜11時までやっているので一日ゆったりと過ごせること請け合いです。

なお、おちんちんとかを写したら怒られるため風呂の写真は撮っていないので、公式サイト等の画像をご参照ください。

食事処「楽天」
IMG_2476.JPG
IMG_2477.JPGIMG_2475.JPG
天山湯治郷内の食事処で、中編はこちらで収録しました。
ラジオをお聴きになった方はご存知かと思いますが最高でした。

※ちなみにラジオ内で話題になった和牛と国産牛の違いですが、和牛は品種で、
国産牛は品種や産まれた土地に関わらず、飼育されていた期間が最も長い国が日本の個体のことをいうようです。


●明日12/29のモリエンテスラジオは津和野諒の『サシでもいいですか?』定期更新です。


posted by アガリスクエンターテイメント at 20:00| Comment(0) | 津和野諒の『サシでもいいですか?』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。